京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年01月26日

不屈の心体

大畑大介『不屈の心体』出版記念に、僕の大畑大介回想録をプレゼントしよう。

【筋肉番付けチャンピオン:大畑大介】

筋肉番付でNO1の栄誉を勝ち取った事からも解かるように、彼は非常にバランスのとれたアスリートです。

彼の尊敬できる部分は、練習を本当に100%でこなすところ(7人制に来た時はですよ!)。

100メートルを10本走るとします。

10本を上手く走りきる事を考えて、均等割りにエネルギーを使って、無難にメニューをこなすのが普通の選手。

しかし大畑大介は、1本目から100%のスピードとエネルギーで走ります。

時には8本目でダウンする場合もありますが、その8本目までは本当に100%です。

滅茶苦茶100%です。

その部分は本当に僕自身も彼を心から尊敬できる部分です。それを他の選手も目の当たりにするわけですから、自然と全員のペースとテンションも上がります。これは本当に素晴らしい!

ですが…、人が朝からトイレでお尻を拭いてるときに、無理やりカギをこじあけて、ドアを開けて、言うに事欠いて『うわっ!立ってケツ拭いとおる!くさっ!』って言うのはやめろ!

なめんなよ、大介!

2001年2月5日更新 rugby-sevens.com
http://home.att.ne.jp/air/rugby-sevens/  


Posted by とんがり山 at 01:00Comments(4)

2009年12月10日

Rugby opens many doors




村上先輩から頂きました『ラグビー愛好日記』。

あらためて表紙を見直してびっくり!

ごめんなさい。

今の今まで『ラグビー好日記』だと思っていました。





サインと一言入り。

『 Rugby opens many doors 』

なんか、シンプルだけど心を打つ言葉。

ホンマにそうやなぁ…。
  


Posted by とんがり山 at 10:00Comments(6)

2009年10月13日

乳と卵

久しぶりに読書してます。

川上未映子さんの芥川賞受賞作『乳と卵』。

感性の人なのでしょう。

CDを発表している歌手でもあるだけに、文章に音とリズムがあります。

関西弁がいい感じです。

ちなみに川上未映子さん、ラグビー選手のお姉ちゃんなんですよね。
  


Posted by とんがり山 at 14:51Comments(0)

2008年10月03日

英雄なき島

『ご近所のご主人が、本を出版しはったし読んでみて!』と嫁さんから渡された1冊。

読み進んでいくと、軽く流し読みできる内容ではなく、ちゃんと正座し直して、一気に最後まで読ませて頂きました。

第二次世界大戦、硫黄島での戦で生き残った元海軍中尉大曲氏の証言を忠実に書き起こした『歴史の供述書』。

歴史の一隅に正しい光があたり、真の平和が守り抜かれる世界が訪れますように…。

【英雄なき島】
−硫黄島戦生き残り 元海軍中尉の証言−
久山 忍著
産経新聞出版
  続きを読む


Posted by とんがり山 at 23:07Comments(2)