京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年03月28日

旅姿3人衆は、お揃いのデビルマンTシャツを着ている




香港に卒業旅行(?)に行っている吉村泰輔(左)、比嘉智也(中央)、永井康隆(右)から、めちゃめちゃ人生楽しんでるぞ!メールが飛び込んできた。

普通なら『かかってこんかぁ~!』的な反応をしたいのだが、到底できそうにもないのが悲しい。

ちょっと精神的に壊れ気味だったが、まぁこれもこの瞬間で終わりにしよう。

悲劇のヒロインみたいな事を言っている自分が大好きみたいな自分にサヨナラして、日曜日・月曜日・火曜日の3日間で、宮崎合宿の用意を何が何でも完成させよう。

そう、僕は、追い込まれると強さを発揮する男なのだ。

でもよく考えると、追い込まれる前に、普通に段取り良く準備すれば、別にぜんぜん追い込まれなくて済むはずだ。

という事は、やっぱりアカンやん…。

ざんねん。

香港に逃げ込みたい。
  


Posted by とんがり山 at 00:30Comments(1)なんでやねん!?

2010年03月27日

なかなか覚めない夢もある

まだまだ昨日のパソコンクラッシュのショックを引きずっている。

まぁ事故に遇ったようなもんだ。

それも大事故。

パソコンも僕もアホになったと言う事だ。
  


Posted by とんがり山 at 22:37Comments(6)なんでやねん!?

2010年03月26日

下痢症が便秘症に変わったと同じ位のスーパーメガMAX な衝撃

パソコンが壊れた。

大変な事になった。

どうする?

冷静に現実を直視出来ない。

どうする?

どうする?

わぁーーーーーーー!

…僕を探さないで下さい。
  


Posted by とんがり山 at 13:46Comments(2)なんでやねん!?

2010年03月26日

我が親分

僕の直属のBossです。
  


Posted by とんがり山 at 01:24Comments(0)RUGBY

2010年03月26日

隠れても無駄

永井康隆=フランクが、僕の為にわざわざ探しだしてくれた力士シール。

これまた、渋いとこにおんなぁ…。

徐々にだが、フランクの目線も力士シールに合って来たのかも知れない。

極秘なんやけど、これは一種の伝染病なのだ。

うそうそ。

そう言えば、宮崎の某シーガイアの営業のM本正子さんが、『フランク』の事を、何を思ったのか『フランキー』と呼んでいた。

フランキーなら『堺』だ。

微妙に惜しい。
  


Posted by とんがり山 at 00:57Comments(0)東京通信

2010年03月26日

雨の日にわざわざ原宿の手前まで歩いていった

稟議書を、機械的に、そして最適な言葉を選んで、自動的に作成してくれるマシーンが欲しい。

完全につぶやくチャンスを逃した1日だった。

力士シールの写真はちゃっかり撮ったけど…。

あっ!そうそうTwitterも始めて、なんやかんやつぶやいています。  


Posted by とんがり山 at 00:53Comments(0)東京通信

2010年03月24日

何ぃ〜!玉葱を減らしてくれだと!?

至福のランチタイムに、サブウェイのBLTを頬張る飯島康弘=いいじMAXやす君。

だらだらと、やたら長いあだ名を付けてしまった事を軽く後悔している。

玉葱を食べると口が臭くなるからと、サブウェイの店員さんに玉葱の量を大幅に減らさせておいて、『誰もこんなに減らせ!なんて言ってませんよ!』と文句を言い、『こんな量では足りませんよ!本当に!』と独り怒っていた。

たぶん足りないのはカルシウムだと思う。
  


Posted by とんがり山 at 02:01Comments(0)なんでやねん!?

2010年03月24日

おるんですよ、これがまた

外苑前にこっそり存在している力士シール。

未だに真相は闇の中だが、まぁほぼ間違いなくそういう事なんだろう。

未だに力士シールを見ると、こうやって反応してしまう僕がいる。

僕も相当ひつこい。
  


Posted by とんがり山 at 01:48Comments(2)力士シール

2010年03月22日

朝4時45 分に目覚めてしまった

帰巣本能を根本的に破壊するトレジヤーアイランド沖縄を離れ、東京に帰る。

永井康隆=フランクが、僕の留守中、全てのペーパーワークの段取りを整えて、僕の帰りを今か今かと、いやいや、はよ帰ってこいボケ!って感じで待ってくれている。

本当にいい男だ。

もし良かったら、ホンマにもし良かったらでええねんけど、ついでに全部やってくれへんかなぁ。
  


Posted by とんがり山 at 10:51Comments(2)なんでやねん!?

2010年03月21日

ビールでも飲みたい気分だけど、いやいやどうして仕事中

癒されると言うより、思考が停止する程穏やかな気分になる風景。

いつの日にかビーチに横たわり、ビール飲みながら、世界中のスーパーモデルや女優さん達を横にはべらせて、屁こいて、寝るのが夢だ。

実際、それに近い事をした男がいたそうだ。

羨ましいけど、もし本当にできるようになったら多分やらないと思う。

なぜなら、この太陽の日差しを30分も浴びたら、僕のお腹の肉は間違いなくチャーシューを炭火で焦がしたような状態になるからだ。


  


Posted by とんがり山 at 21:22Comments(0)沖縄通信

2010年03月21日

人は見かけによらないけど、見たまんまの人もいる

この人、ロマネコンティとかなんとか言うめちゃめちゃ高価なワインを、日本に一番多く仕入れている人だそうだ。

ラグビー大好きおじさん。

すぐに意気投合した。

ラグビーというスポーツは、人と人を引き付ける磁石みたいなものだ。

世界中の人とすぐに友達になれる。
  


Posted by とんがり山 at 19:12Comments(0)沖縄通信

2010年03月20日

過去からの便り

『おい!懐かしい声聞かせたるわぁ!』と、突然、たんや京都の大将溝ちゃんから電話。

萩野、坂本、冨永、岡口…小学校、中学校、高校で同じクラスだった女の子達の声だ。

日頃はスリープモードになっている脳内コンピューターが、あの頃の思い出を鮮やかに脳裏に浮かび上がらせてくれた。

『あぁ〜、あんな恥ずかしい所見られてるなぁ…』

『あぁ〜、あん時いらん事言うてしもたなぁ…』

『あぁ〜、あの事は忘れてくれへんかなぁ…』

消しゴムで消せるのなら、ゴシゴシ消してしまいたい恥ずかしい過去だらけだ。

僕は一体どんな子供だったんだろう?あの頃の自分に会いたい。そして、もうちょっと生きる知恵をアドバイスしてやりたい。人と仲よくする術を教えてあげたい。ファイティングポーズを取らないでいい生き方を教えてやりたい。もっと上手に笑顔でいられる方法を教えてやりたい。

そして、彼女達と会う機会があれば、本気でお願いしたい。

『お願いやから“ハゲ”っていうあだ名で呼ぶのだけは止めて下さい。別に僕ハゲてへんし…。』
  


Posted by とんがり山 at 22:34Comments(2)日々雑感

2010年03月20日

猫に小判

1本6万円以上のワインだそうだ。

味薄いし…。  


Posted by とんがり山 at 20:43Comments(0)沖縄通信

2010年03月20日

もっと南へ

グラビア撮影で沖縄に来た。

輝く太陽、青い海、白い珊瑚礁、そしてビキニ姿のお姉ちゃん達と波打ち際で波と戯れる。

と言う事もなく、ひたすら打ち合わせとメールの処理と電話に追われている。

宮崎から沖縄に向かう飛行機の中で3秒間だけ考えたんだけど、結局、僕はこの仕事が好きだ。

なので、あぁやこぅや言わずにやるしかないと言うのが結論。

もうひと頑張りだ。
  


Posted by とんがり山 at 17:49Comments(0)沖縄通信

2010年03月20日

恥も外聞も捨てて、平謝りに謝った1日の末に辿り着いた至福の時

昨日の宮崎の夜は、お蕎麦屋さんで食べる極上の豚しゃぶから始まった。

もちろん裏メニュー。

豚しゃぶの〆は、もちろん蕎麦。

極上の豚の出汁と蕎麦が、これまた合う合うめちゃめちゃ合う。

そのうえ、蕎麦湯で割った蕎麦焼酎が美味いのなんのって…。

何はともあれ、豚アレルギーや蕎麦アレルギーじゃなくて良かった。

それはきっと、花粉症より辛い事だと思う。  


Posted by とんがり山 at 07:39Comments(3)宮崎通信

2010年03月19日

ゴルフ場のレストラン舐めたらあかん

タイガー・ウッズも絶賛した牛丼。

宮崎牛と地鶏の卵のコラボレーション。

美味っ!
  


Posted by とんがり山 at 16:13Comments(2)宮崎通信

2010年03月19日

風光明媚

フェニックス シーガイアリゾート43階から見える、海岸線と宮崎市内の景色。
  


Posted by とんがり山 at 15:30Comments(0)宮崎通信

2010年03月18日

南へ

福岡滞在3時間。

宮崎へ。

どげんかせんといかんとです。
  


Posted by とんがり山 at 18:49Comments(2)宮崎通信

2010年03月17日

そうそう、その方がいい

そして、世界最高峰のトレーニング器具開発が不成功に終わったと言う事実を、闇から闇に消し去ろうとする永井康隆=フランク。
  


Posted by とんがり山 at 22:13Comments(0)RUGBY

2010年03月17日

開発に不成功

世界最高峰のラグビートレーニングをする為に、トレーニング器具開発に全精力を傾けた我々だったが、残念ながら陽の目にあたる事もなさそうな商品が完成した。

なんじゃ!これは!?

失敗は成功の母にもならんわ。
  


Posted by とんがり山 at 22:09Comments(8)RUGBY

2010年03月16日

解禁

暖かくなって気持ちがいい。

ふらふらと夜の街にでも出て行きたい気持ちは十二分にあるのだが、どないもこないも目と鼻と咳のコントロールが全く出来ない。

気持ちいい事ですらコントロール出来ない自分にダメ出しな今日この頃だ。

今、何が欲しいかというと、ウルトラセブンに出てくる『カプセル怪獣』が欲しい。

僕の代わりに花粉症&喘息と戦ってくれないかなぁと切に願う。

薬の副作用で眠いのか、春眠暁を覚えないのかわからないが、とにかく眠い。

たぶん一種の『怠け病』だと思う。

眠い…眠い…。
  


Posted by とんがり山 at 23:28Comments(10)日々雑感

2010年03月14日

朝焼けは男1人で見るもんだ、いや、そうでもないかな…

ほとんど寝ないまま朝を迎えた。

仕事が溜まりに溜まって、にっちもさっちも行かない状態。

でも、河豚チゲはきっちり食べた。

絶品だった。

と言う事は、にっちもさっちも行かない状態ではないと言う事なのだろう。

早く日本帰って仕事します。

いやぁ~、それにしても韓国いいわぁ。

超ぉ~気に入った。
  


Posted by とんがり山 at 11:39Comments(3)Korea

2010年03月14日

夜景は男2人で見るもんではない

韓国に来て、再認識した事。

『僕は、やたら韓国人に間違われる。』
  


Posted by とんがり山 at 01:22Comments(0)Korea

2010年03月13日

ハングルの洪水

まったく解りません。

とにかく釜山へ行きます。
  


Posted by とんがり山 at 14:37Comments(2)Korea

2010年03月13日

初韓国

突然ですが、韓国です。

生まれて初めての訪韓。

K1の秋山選手に似ていると言われて、いきなり舞い上がってます。

なんか、ぜんぜん生野や鶴橋に来たのとおなじ感覚です。
  


Posted by とんがり山 at 10:29Comments(2)Korea

2010年03月11日

激しく抗議したい

次男の国語テスト。

関西弁圏内やったら、ぜんぜん間違っていないと思う。

絵に合う文になるように、点(、)を一つずつうちましょう。

中村さんと、おったよ〇
中村さんと、おったよ× → 中村さん、とおったよ〇

中村さんと、おったんやん…。

ぜんぜん合うてるやん…。

ただ、振られたっぽいだけやん。
  


Posted by とんがり山 at 08:20Comments(4)なんでやねん!?

2010年03月10日

信賞必罰

真夏の南半球から帰ってきたら、真冬並の寒波が待ち受けていた。

おっそろしい程寒い。

皮膚呼吸できひんくらい、めちゃめちゃさぶいぼ(鳥肌?)立っています。

帰国してさつそく気温差に気管支が粉砕されて、お約束のように喘息発作を食らい、花粉に鼻粘膜を破壊しつくされ、鼻から大量の水溶性粘液を排出している。

ちょっと『ざまぁ〜みろ!』って、心の中で思ってるでしょ!?

はい。ざまぁ〜みました。

ぐるじぃ…。
  


Posted by とんがり山 at 08:16Comments(0)なんでやねん!?

2010年03月07日

Business meeting

Craig Innes = Postie と、Open cafeでぜんぜん密談にならない密談。

色んな事が100miles / hourで、僕の前に現われては通り過ぎていく。

うかうかはしていられないけど、慌てたら事をし損じる。

何事もバランスだ。
  


Posted by とんがり山 at 18:41Comments(0)New Zealand

2010年03月07日

見上げる

Sky Tower@Auckland。

24時間営業のカジノが併設された豪華な4.5スターホテル。

東京タワーを見上げるのとはちょっと感じが違うから不思議だ。

何が違うのか解からない。

カジノがあるからかなぁ…?
  


Posted by とんがり山 at 18:05Comments(0)New Zealand

2010年03月07日

もう一度逢いたい

All Blacks Sevens / New Zealand U19 / North Harbour 州代表 etc New Zealandにおける総てのチャンスを僕に与えてくれた『 Kevin Gimblett 』=Gimboが眠る、静かな岡の上の墓地を訪ねた。

彼が亡くなってから5年の月日が経つ。

正直な話し、今の僕があるのはGimboのお陰だと言っても過言ではない。何処の馬の骨かも分からない僕を、何故か自分の息子のように可愛がってくれた。

僕が今でもLiaison Officerの仕事をしたり、Team Managerの仕事をしているのは、Gimboの影響が大だ。

と言うよりも、それが総てだ。

GimboのCopyみたいなもんだ。

Gimboを超える事はできないけど、Gimboの遣り残した事は必ずやり遂げようと思う。

どんな事が待っているかは分からないが、前向いて進むだけだ。

屁理屈こいてる暇はない。
  


Posted by とんがり山 at 12:19Comments(1)New Zealand