京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2009年04月21日

栗原徹 物語

昔は微妙に王子様だった栗原徹選手のお話し。

あんなに可愛かった栗原徹ちゃんなのに、今ではおこちゃま顔には不似合いな不精ひげ。無理やり僕の記憶のパンドラの箱を開けてみると…。

2001年、栗原徹の評価はうなぎ昇りだった。

スピードの緩急を見事に織り交ぜた華麗なステップ、気持ちが乗っているときの正確無比なプレースキック、人のいない所を探しだし、“こそっと”ごっちゃんトライを演出する嗅覚、ベビーフェイス+おこちゃま体型ゆえに敵に油断と同情を与え、その一瞬のスキを確実に笑顔で持っていくスマートさ、多くの怪我を多くの休みでカバーし、完全に治癒させるそつのなさ、ミニマムの練習量でマックスなパフォーマンスを生み出す生産効率の良さといい、どれをとっても天才の名を与えるに相応しいラグビー界のプリンス天才BK栗原徹が、ブレイクし始めようとしていた。

以下は毎ツアー、治療時間になるとかならず私と彼との間で交わされていた、お約束の会話です。

栗:『〇村さん、ちょっと診てもらえますか?』

JR:『OK!調子はどうや?』

栗:『はい、全然大丈夫です。絶好調です。』

JR:『えっ?ほんならどこか、はってるんかぁ?』

栗:『いえ、別に。』

JR:『ほんなら、どこ治療するの?』

栗:『いやぁ、ちょと右足の足首が…、あれっ、左足首かな、(自分で触ってみて)いや、違うなぁ…、やっぱり太腿です。あれっ…はってないなぁ…、あれっ、どこだったかなぁ…腰かなぁ。』

JR:『…。』

栗:『いやぁ…あのぉ…まぁ適当に全身ちょっと揉んどいて下さい。』

JR:『揉むって言うなぁ~! 治療って言え!』

栗:『すいません!わかりました。全身マッサージして下さい! 触ってもらうだけで落ち着くんです。』

JR:『いやぁ、だから、あのぉ…君ね…。俺は癒し係りとちゃう!っちゅうねん。』

栗:『すいません! でも、はい、適当にお願いします。とにかく触って下さい。』

JR:『栗…、おまえヤバくない?』

本当に礼儀正しく素直なかわいい(?)栗原選手ですが、一旦グランドに立つとみなさんもご存知のように、すごいビッグプレーを連発するのです。僕はその姿を見る度、頭の中は??????が行き交い、その大きなギャップに驚かされます。

試合後…。

『〇村さん! おかげさまで、いつも〇村さんが精神的に鍛えてくださってるので、今日もいい試合ができました! 本当にありがとうございました。ニコッ。』

本当に礼儀正しく素直でかわいい、ラグビー界のプリンス“栗原徹ちゃん”です。

後日談…。

慶応卒の某CTB(サントリー神戸→リコー)と某WTB(サントリー→サントリーフーズ)の選手二人が言ってました。

『〇村さん、なんか栗が言ってたんですけど、いつも〇村さんが固い事ばっか言うから、試合前硬くなっちゃうんだよねぇ~』って…。

……ほぉ~っ、そうなんですか、プリンス栗原徹ちゃん。

←僕に告げ口した某WTB(サントリー→サントリーフーズ)の現在の勇姿。U田S平と申します。

人/年齢並み以上に光り輝いています。

笑いのおもちゃ箱みたいな男です。

結構イケてます!


同じカテゴリー(Friends)の記事画像
人生変わる事もある
変わらない凄さ
ご無沙汰してます
中国在住ラグビーマニア
時間が流れたと言う事
6年ぶり
同じカテゴリー(Friends)の記事
 人生変わる事もある (2010-01-29 14:28)
 変わらない凄さ (2010-01-24 23:58)
 ご無沙汰してます (2010-01-23 00:40)
 中国在住ラグビーマニア (2010-01-23 00:31)
 時間が流れたと言う事 (2010-01-10 09:31)
 6年ぶり (2009-12-19 15:56)

Posted by とんがり山 at 12:34│Comments(0)Friends
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。