京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2009年05月02日

鮎の塩焼き

秩父の山奥で、鮎の塩焼き食って来ました。解禁前で、このサイズなので、養殖の鮎でしょう。

でも、あの綺麗な水で、川苔中心に食べさせて、養殖用の餌(ペレット)をあんまり与えずに育てて、焼き方さえ間違えへんかったら、充分美味しいです。

口を下にして櫛をさして、塩を全体にまんべんなくすり込み、尾にはしっかり化粧塩をして、炭火の遠赤外線でじっくり時間をかけて焼いたら、ばっちりです。鮎の水分と脂がエエ感じで落ちて、もうたまらんくらいのホクホクの鮎の塩焼きができあがります。

小さい頃からくり返しくり返し呪文のように教えられてきた、鮎の塩焼きのHOW TOです。

鮎や山女、岩魚や鮠…川魚もぜんぜんすてたもんとちゃいます。

ホンマにめっちゃ美味いです。


同じカテゴリー(埼玉通信)の記事画像
凍える
おっ!?
濃い卵
長瀞川下り
醤油王国
人・人・人@田舎
同じカテゴリー(埼玉通信)の記事
 凍える (2010-02-13 10:18)
 おっ!? (2009-10-19 15:31)
 濃い卵 (2009-09-21 21:37)
 長瀞川下り (2009-09-21 12:18)
 醤油王国 (2009-09-20 17:35)
 人・人・人@田舎 (2009-09-20 13:28)

Posted by とんがり山 at 20:33│Comments(0)埼玉通信
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。