京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2008年08月15日

大文字の送り火の意味

【送り火の意味】

13日の迎え火の時は、玄関で送り火を焚いて、御精来さんをお迎えします。御精来さんとは、亡くなったご先祖様の魂の事で、家族全員で迎え火を焚く事で、御精来さんが間違わず家に戻られるそうです。


そして、迎え火の横に、きゅうりに足を4本つけて置きます。『馬に乗って、早く帰って来て下さい』の意味だそうです。

16日の送り火は、御精来さんが元の世界に戻られる時、『あなたのお家はここですよ、忘れないで下さい』の心を込めて、火を焚いて御精来さんをお送りするそうです。

送り火の横に、なすに足を4本つけて、置いておきます。『牛に乗って、ゆっくり帰ってください』の意味なんだそうです。亡くなった人を少しでも長く名残り惜しむって事なんでしょうね。

昔は、お盆のお供え物全部を、自分達で作ったおもちゃの船に乗して宇治川に流していましたが、今は、『川が汚れるからあかんよ』って言う事で、実家でもこういう風習はしなくなりました。

大文字の送り火とは、ただ単に年中行事として在るのではなく、人の心に宿る『先祖を敬う心』を大切にする日なんやなぁ…と思います。

同じカテゴリー(京都通信)の記事画像
地名から学ぶ事
満員御礼
お盆
先斗町
交差点
南座
同じカテゴリー(京都通信)の記事
 地名から学ぶ事 (2010-01-04 17:51)
 満員御礼 (2010-01-03 20:21)
 お盆 (2009-08-15 21:45)
 先斗町 (2009-08-15 00:02)
 交差点 (2009-08-14 19:40)
 南座 (2009-08-14 19:01)

Posted by とんがり山 at 21:17│Comments(3)京都通信
この記事へのコメント
土地それぞれの風習がありますね。仙台の実家では迎え火、送り火をきちんと焚きます。最近はそういう家も少ないです。後はお仏壇に色々な飾りをします、詳しく書くと長くなるので私のblogにでも書いてみますf^_^;
Posted by Junko at 2008年08月15日 22:19
日本の伝統的な風習は、それぞれ自分の出来る範囲で守っていくのが大切なことなんでしょうね。
Posted by とんがり山とんがり山 at 2008年08月15日 22:45
いろんな風習の意味を知る事が少なくなってきました。

送り火もただのイベントになりつつあるから淋しいです。

僕も『文化継承』頑張ってみます。
Posted by いわし at 2008年08月17日 10:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。