京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2009年04月12日

パウロ・ナワル

久し振りにパウロ・ナワル親父に接近遭遇。

性格:いたって明るく大らか。典型的なフィージー人の性格。

どんなんか?って言うと、Fijiラグビー界の長島茂雄さんって感じのほうがよくわかるのではないでしょうか!???

忘れもしない1987年、ニュージーランドのクライストチャーチでワールドカップの直前に、FijiチームはNZに遠征してきた。

カンタベリー州代表との試合の後、そのアフターゲームファンクションに運良くもぐりこんだ僕は、このパウロ・ナワル氏のサインをプログラムに貰った。

それがパウロ・ナワル親父と僕との最初の出会いだった…。

14年後には一緒のチームで仕事して、世界中を転戦しているなんて、想像だにしなかった。

あの年のパウロ・ナワルは凄かった…。

フィジアンマジックの言葉通り、あのフィージーのSHとして、ありとあらゆる体勢からでもパスを出し、サイドを攻撃し、フィージーを世界のトップ8に導き、当時の監督のジョージ・シンプキンに”彼は天才だ!”と言わせしめた男である。

第1回ワールドカップ優勝国NZのキャプテンのデビット・カークを押し退けて、ベスト15人に選出されたのです。

現在の彼しか知らない選手達は、ただのラグビー(エロ)親父だと思ってるかもしれんが、しかし! 断固として私は声を大にして言いたい! 

“ほんとは凄いんだぞぉ~!”


同じカテゴリー(Friends)の記事画像
人生変わる事もある
変わらない凄さ
ご無沙汰してます
中国在住ラグビーマニア
時間が流れたと言う事
6年ぶり
同じカテゴリー(Friends)の記事
 人生変わる事もある (2010-01-29 14:28)
 変わらない凄さ (2010-01-24 23:58)
 ご無沙汰してます (2010-01-23 00:40)
 中国在住ラグビーマニア (2010-01-23 00:31)
 時間が流れたと言う事 (2010-01-10 09:31)
 6年ぶり (2009-12-19 15:56)

Posted by とんがり山 at 18:30│Comments(0)Friends
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。